朝、昼キャバクラとは?

ここ最近では、都市部はもちろんのことではありますが、地方ですらも昼キャバや朝キャバがどんどんと営業されるようになってきました。
いわゆる朝キャバクラというのは、営業時間が朝方から昼頃にかけての営業がされているキャバクラのことで、昼キャバクラは、お昼すぎから夜までの時間で営業されているようなキャバクラの事を昼キャバクラといいます。
どちらの種類のキャバクラであっても、営業内容は普通のキャバクラと同じサービス内容ですので、単に営業時間が違うだけといえば営業時間が違うだけです。

お酒を提供し、お客様とおしゃべりをして、対価を得るという普通のキャバクラとほぼ同じ形式です。
朝キャバクラや昼キャバクラの特徴としては、夜のキャバクラと違って夜では働けないような女の子が働いています。
例えば、学生や夜間に普通のアルバイトなどをして働いている女の子、シングルマザーなど夜間に働くことが難しい人たちが多く勤務しています。
あと、朝キャバクラや昼キャバクラが普通のキャバクラと違うところは、来るお客様が違います。
朝キャバクラや昼キャバクラに来るお客様に多いのは、夜間は自分のお店を開いている人、夜の営業帰りのホストの男性やバーの店員さん、夜の店舗のオーナーなどが来るお客様が多いようです。

つまり、朝キャバクラや昼キャバクラに多いのは、いわゆる水商売の同業者です。
夜のキャバクラよりは、かなりラフに行くことができるというのも普通のキャバクラとは違うところかと思います。
普通のキャバクラと違う朝キャバクラや昼キャバクラの特徴として、接客時の衣装が違うというところです。
普通のキャバクラは、きらびやかな衣装がイメージだと思いますが、朝キャバクラや昼キャバクラなどはもう少しラフな衣装での接客になります。
朝キャバクラや昼キャバクラの中でも特に高級店などではドレスを着ることもありますが、基本的にはワンピースなどが基本的な衣装です。
ただ、普通のキャバクラと同じ面もあり、同伴やアフターなどは存在しています。
同伴というのは、お店がオープンする時間の前にキャストの女の子とお客様がデートして、デートの流れのまま一緒にお店に行くことを同伴といいます。
アフターというのは、お店の営業が終了した後にキャストの女の子とお客様がデートに行くというサービスのことをアフターといいます。

このようなサービスは、普通のキャバクラでも、朝キャバクラや昼キャバクラでもとても人気があるサービスなのです。
ここからは、普通のキャバクラではなく朝キャバクラや昼キャバクラで働くことのメリットやデメリットなどを詳しく見ていこうと思います。
普通のキャバクラと比較して紹介していくので、これから働こうと思っている人には参考にしてもらえたらいいなと思います。



※管理人特選サイト
昼のキャバクラやガールズバーなどのアルバイト情報を掲載しています ・・・ キャバクラ アルバイト